私はお金に余裕のある状態でしたが、急に元々働いていた会社を退職する事になり、次の仕事を探していましたが、中々見つけることが出来なく、徐々に日々の生活費が足りなくなり、友人や家族に相談した所、とりあえず生活をしていく為にキャッシングをしてみたらどうだと提案してくれたので、考えた末にカードローンに申し込みを行いました。

日々の生活費が足りなくなっていた現状を無職の間の数ヶ月ですが、退職前の状態で余裕のある生活が出来るまでに回復しました。

ですが、気づけば、カードローンを行なった当初に設定していた限度額一杯を必ずしも全て使用する必要は無いにも関わらず、必要以上にキャッシングを行ってしまい、いつの間にか借入金額をあげてしまっており 返済回数を増やした為に、当初自分で考えた計画の返済プラン・返済金額が大幅に変わってしまい全額返済を行うまで、とても困ってしまいました。

お金に困る事はとても精神的に辛い事で、借り入れが出来るようになったら、その辛かった事からの反動からか、余裕の生活をしようと必要以上にキャッシングを行なってしまうと思いますので、本当に必要な最低金額の設定にして計画的に返済を行なうようにして下さい。