カードローンとキャッシングは、どちらも個人向けのフリーローンです。法人が利用することもありますが、比較的少額のお金を気軽に借り入れできることから、利用者の多くが個人となっているのです。

しかもカードローンの場合は、決められている利用限度額を、小分けに借り入れすることが可能です。たとえば今日は3万円、明日は5万円といった具合で、利用限度額の枠内でなら、好きな金額を選択できるのです。
しかもATMで利用するので、必然的に手元には現金が入ってきます。そのためカードローンは、お祝い金や香典など、現金が必要という状況では特に便利と言えます。

一方キャッシングは、カードでも利用可能ですが、口座振り込みでも利用可能となっています。希望金額を金融機関に伝えれば、その金額を自分の口座に振り込んでもらえるのです。

このタイプのキャッシングは、口座の残高が少なく、電気料金などの引き落としが行われないといった場合に便利です。利用により、残高不足による滞納を未然に防ぐことができるわけです。もちろん振り込まれたお金を引き出せば、現金として利用することもできます。

このようにカードローンとキャッシングは、状況に合わせて便利に使い分けることができるのです。