私の節約の極意をご紹介します。まず、何にお金をかけたいか、かけたくないかをはっきりさせます。私の場合、食べ物に関しては栄養は摂りたいがお金はかけたくないから、近くの道の駅で安くて新鮮な野菜を毎週購入しています。

肉や野菜は、安い日にまとめて買ったものを冷凍保存。食事は作りすぎないように、ちょうど食べきれる分だけ作ります。洋服は、夫婦そろって普段着はフリマ等の古着でOK。仕事の時や、冠婚葬祭時の服だけは新調しています。子どもの教育費はお金を削りたくないものの、本人が嫌がり且つ、のびしろがないものはすっぱり辞めて無駄なお金は使わない方針です。家もお金をかける必要はないと思うので、購入する際は、築年数が少ない中古住宅を購入しました。

ちなみに銀行でローンを組む際は、金利が最も低い時期を選択。家族で出かける時は、どこでも水筒やおやつ持参で飲み物は買いません。散髪は子どもや夫、私もたまに1000円カットに行きます。

医療代は、子どもに関しては補助内ですませたいので、市販薬は買いません。

「すべての努力は、貧乏だから節約するのではない。子どもや家族の笑顔のために頑張ること。お金は手段であって目的ではないこと。節約しても、センスは削ってはいけない。」このことをいつも心に刻んでいます。