節約をしたいと考えながらも、なかなか実践できずに困っている方も多いかもしれません。家計簿をつけて管理しようとしても、結果だけを見て一喜一憂してもあまり意味がありません。私が考える家計の管理及び節約の方法をご紹介します。

それは、毎月の各出費項目ごとの予算を決めて、その範囲内で賄うことです。たとえば食費は40,000円、交際費は10,000円という風に項目ごとに使用できる範囲を決めます。面倒でも項目ごとの封筒を作り、月の最初に封筒ごとに予算金額を入れて管理をします。

もし、一月経って余った場合はその余った分を翌月に繰り越すのではなく、すべて貯蓄に回し、また一から封筒に予算金額を詰めます。こうすることで出費項目ごとにどれくらいの余裕があったのか、あるいは不足したのかがわかりやすく、かつ余計な出費を抑えることができます。

節約を考えるうえでは、クレジットカードの利用はあまりお勧めできません。クレジットカードは、使用金額に応じてポイントが貯まるので家計を考えるととても有効なツールであることは間違いありませんが、現金がなくても支払いができてしまう点がネックになります。無意識のうちに使い過ぎてしまう危険をはらんでいます。